富永 勸プロフィール

メッセージ(とみなが すすむ)

誕生日:1935年9月28日
座右の銘:
趣味:

富永勸

 私の父は十四の歳に鹿児島の片田舎から大阪へ出てきて、3軒の菓子屋で修業の後、文字通り「徒手空拳」、わずか四十円の資金を元手に1934年、25歳のときに10坪の作業場で、手作りの高級チョコレート、高級キャンデーの製造を始めました。その翌年、私が誕生しました。ですから私は生まれながらのショコラティエです。

父が創業のとき心に決めていたことは「自分の子どもや母親に安心して食べさせられる菓子しか作らない」ということでした。それが父の「志」であり、彼の最初の会社「アジア・コンフェクショナリー・カムパニー」の創業哲学でした。
 チョコレート業界ですごした私の歳月も、気がつけば53年。オリムピア製菓(株)、(株)日本チョコレート、(株)ノイハウスジャパン、(株)ベルジャンチョコレートジャパン、(株)ベルジャンチョコレーツヨーロッパ、(株)チョコヴィックジャパンと幾つもの会社の役員を歴任しましたが、その間「志」ということばを忘れたことはありません。

 父から私が承継したもの、それは彼の創業哲学の「志」です。(株)ベルジャンチョコレートジャパン創業以来の「志」を貫くために、長い歳月をかけて開発した原料チョコレート「Divinus Cibus」、スペインのチョコヴィック社のチョコ原料をご覧ください。その他、プラリネ、チョコレートドラジェ等々、「世界に一つしかない」(Global Only One)、「世界で一番のもの」(Global No. One)の製品です。これらは私の「志」の結晶です。

より詳細なプロフィール→https://carpediem-tsukimorishin.com/2022/12/14/富永勸ヒストリー/ 

経歴

  1. 1935(昭和10)年9月28日 大阪生まれ

学歴・職歴

  1. 1956(昭和31)年4月1日 オリムピア製菓株式会社入社
  2. 1959(昭和34)年4月1日 早稲田大学教育学部卒業
  3. 1969(昭和44)年4月21日 (株)日本チョコレート出向、オリムピア製菓(株)取締役兼任
  4. 1986(昭和62)年4月21日 (株)(株)日本チョコレート代表取締役
  5. 1987(昭和63)年6月1日  (株)ノイハウスジャパン設立、代表取締役〜1989年 同社代表取締役辞任
  6. 1989(平成 1)年7月1日  (株)ベルジャンチョコレートジャパン設立、代表取締役
  7. 1993(平成 5)年5月1日  BELGIAN CHOCOLATES EUROPE NV 設立、代表取締役
  8. 1996(平成 8)年7月1日  ベルギー国ウーストベゼル市より顕彰される
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

  1. 私と音楽

    2023.03.5

PAGE TOP