月守 晋

食の大正、昭和史

食の大正・昭和史 第三十九回

2009年08月26日

『食の大正・昭和史—志津さんのくらし80年—』 第三十九回

月守 晋

 

●行儀見習の奉公

実父の大垣静夫が会いに来てくれれば女学校に上げてほしい、と頼めるとひそかに願っていた志津さんはしかし父親に会うことができなかった。

約束どおり父親は志津さんに会いに来て、引き取って帰りたいと申し出たらしいのだがそれを養母みきがきっぱりと断ってしまったというのだ。

「手放すのがおしくなったんだね」と兄嫁の千賀は語った。

大正15年当時、神戸市内には男子の中等学校に相当する公立の女子教育校として県立第一神戸高等女学校(明治後期設立?)、同第二高女(大正14年設立)、市立第一高等女学校(明治後期設立?)、同第二高女(大正11年設立)、女子商業学校(大正6年)、市立湊東と同葺合の両女子技芸学校(共に明治後期の創設か?)があった。

在籍生徒数は県・市立高等女学校の4校で総数3051人である。

市内には明治前期創立の神戸女学院をはじめ親和高等女学校、神戸家政女学校(共に明治後期)、大正に入って甲南高等女学校、森高等女学校、成徳実践女学校、山手高等女学校、野田高等女学校などの私立女学校も設立されていた。

志津さんが小学校6年生だった大正12年の神戸市立小学校の在籍児童数は7万3105人、その6分の1が6年生だとすると翌年の卒業児童数は1万2184人である。

この半数の6092人が女生徒と仮定してその3分の1の約2000人が募集定員450人の県・市立女学校の3校(県立第二がまだ設立前なので)への入学を目指すとすれば倍率は4.4倍となる。

このくらいの競争率なら成績の良かった志津さんのことだから楽々と入学を決めていたかもしれないのだが、実際はそうはうまく運ばなかった。

女学校どころか志津さんは養母みきの意志で、行儀見習が名目の奉公に出されてしまったのである。

「奉公」とは「他人の家に住み込んで、使用人として働くこと」であり。

男の子なら商工業のノウハウを身につけるために住み込んで働く丁稚(でっち)奉公。これは徒弟奉公ともいい、5年~10年の期間を定めて修業し大工や左官などの技術、あるいは商いの仕入れ、販売、帳付けなどの要領を学んでいく。

食事は食べさせてもらえるが給金などはなくわずかなお駄賃がもらえる程度で、休日も藪(やぶ)入りといって盆と正月の年2回の節季だけである。

映画やTVドラマの渋い傍役(わきやく)として人気のあった花沢徳衛は満で数えて11歳の小学5年生のとき、横浜の指物師(釘を使わず板を組み合わせて家具を作る)に徒弟奉公に入った。

約束ではあと1年残っている小学校の課程は夜学に通わせる、年季明けには指物師用道具一式、徴兵検査に着てゆく紋服袴(はかま)、独立して仕事場を持つときの資金200円をくれることになっていた。

ところがまず「夜学へ通わせる」という約束が破られ、寝るときは細工場の板の間にござを敷き、そこへ10歳の子守娘とふとんを並べて眠るという毎日だった。

けっきょく7年後、正月の藪入りで実家に帰っている間に疫病にかかり、それを契機に年季を2年残して奉公をやめた。もちろん、道具一式も200円の仕事場開設資金も、その他の権利いっさいを放棄して許されたという話である。

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

  1. 私と音楽

    2023.03.5

PAGE TOP