月守 晋

チョコレート人間劇場

木下杢太郎

2009年08月26日

21. 「玻璃(がらす)を通し、南洋の
土のかをりの楂古聿(ちょこれえと)」

——- 「楂古聿」 木下杢太郎
第3回にチョコレートを詠み込んだ俳句を紹介したことがありました(バレンタインデーの奇襲の白楂
古聿<しろしょこら>—鈴木栄子)。その後、「楂古聿」と表記してなぜ「チョコレート」と読ませるのか、中国音による表記なのだろうかとわからぬまま疑問を呈しておきました。

冒頭に掲げたのは木下杢太郎(もくたろう)の詩の一部です。全体で11行の詩は3段のパートに分かれていて1段目が3行、2段目と3段目がそれぞれ4行、問題の「楂古聿」は2段目の第3行目に当たります。

この詩には作者の前書がついていて、「これがわが初めて作る所の詩なり」と説明されています。発表されたのは明治40年8月、雑誌「明星」に掲載されました。詩人は当時、東京帝国大学医学部の学生で22歳でした。

前書には「もはら外光を画けりといはれたる印象派画家の風にならひ」と詩作の意図も説明されています。

印象主義はごぞんじのように19世紀末、フランスの画家たちが主導した芸術運動で、自然やさまざまな事象から受ける印象を感じたままに表現することに努めました。モネやマネ、シスレー、ルノアール、ピサロ、セザンヌ、ゴーギャン、ゴッホといった画家たち、彫刻のロダン、そして音楽家のドビュッシーらです。

「楂古聿」は大正8年にアララギ発行所から刊行された詩集『食後の唄』に収められました。『食後の唄』には北原白秋が「序」をよせていて、「彼は種々の舶来品—それは珍奇なる多種多様のエチケッテ、南蛮の異聞、ギヤマン、香料、異酒、奇鳥、更紗の類—を吾徒の間に齎らした」と述べています。

杢太郎は明治41年(1908)、白秋、吉井勇らと共に与謝野鉄幹、晶子夫妻の新詩社を離れ「パンの会」につどいます。“パン”はギリシャ神話の牧羊神。森林や田野の守護神です。

パンの会につどった詩人たちは音楽家や美術家たちとも結びあって、耽美的で唯美的な新しい芸術世界を模索するのです。

明治41年12月にはじまった「パンの会」は44年2月に活動を止めます。

杢太郎自身は44年12月に東京帝国大学医科大学を卒業、翌年、森鴎外の意見に従って皮膚科の土肥教室に入り、大正5年9月、南満医学堂教授兼奉天(現瀋陽)病院皮膚科部長として満州に渡ります。「楂古聿」を含む詩集『食後の唄』がアララギ発行所から刊行されたのは先述のように大正8年でした。

杢太郎の生地・静岡県伊東市には記念館があり、杢太郎の描いた「百花譜」の複製はがきを買うことができます。杢太郎は中学生のころ、画家を志したほどの腕前で第一高等学校第3部(医科)に入学してからも専門家について水彩画を学んでいます(ちなみに一高での英語教師は夏目漱石でした)。

記念館の奥には天保6年(1835)に建てられた生家が、当時のままに保存されています。

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

  1. 私と音楽

    2023.03.5

PAGE TOP